良い性格の騎手という面では北村宏司の名前をあげる業界関係者も多いです。

北村宏司騎手の人柄

北村宏司騎手はメディアへの登場も少なく、謎も多い人物です。

 

性格は真面目で堅実。
馬のことを思いやる気持ちも強いので優しい性格だと推測され、人格者として業界関係者からの評判は良いようです。
陽気な性格ではないですが、根暗というわけでもなく周囲からはイジられることも多い可愛らしさも持っています。

 

 

タレントと結婚

結婚イメージ

多くの有名女優が在籍していることで有名なオスカープロモーションに所属しているタレントの 皆川奈美(みながわなみ)さんと結婚しています。
BSやラジオで活躍することが多く、過去にはグリーンチャンネルにも出演していたことから、仕事中の出会いから交際、結婚に発展したと予想されます。子供はいないようで、複数の愛犬たちと夫婦仲良く生活をしています。
ネットでは家族写真がアップされることも多く、プライベートは充実していそうです。
過去には奥さんから嵐の松本潤に似ていると言われて関係者からネタにされていたこともあったそうです。

 

 

業界関係者からは人格者と評価される存在

人格者とはいつでも周囲の人々に信頼・尊敬される優秀な人間のことです。
某競馬番組の解説者が北村は人格者と話したこともあり、良い性格の騎手という面では北村宏司の名前をあげる業界関係者も多いです。
新人時代に所属していた藤沢厩舎とも関係は良好ですし、敵を作った話も少ないです。
もともと強引な騎乗をするスタイルではなく、過去に騎乗停止処分を受けた時も、伸びきる見込みの無い馬をゴール前に諦めてしまったために起こった理不尽なものでした。
レース中で敵を作らないだけではなく、勝ち気な性格の多い騎手の中でもフェアプレーを貫けるのは、それだけ人柄の良い証拠でしょう。

 

 

後藤騎手との関係

北村宏司騎手の人柄は業界関係者から軒並み好評ですが、ネット上では後藤浩輝騎手とのトラブルを指摘する記事も多数あります。
後藤浩輝騎手は2015年に自殺をして大きなニュースになりました。
元々北村騎手とは仲も良かったのですが、自殺前には北村騎手が可愛がって育てていた馬を後藤騎手が自殺の原因(首を痛める)になる落馬で骨折させてしまうなど、関係悪化も囁かれていました。
2017年に引退したキタサンブラックはデビュー戦では後藤浩輝騎手が騎乗していましたが、その後に北村宏司騎手へ乗り替わりがあり不満を口にしていたとも言われています。
キタサンブラックについては、血統的にここまで大成功する馬とは当時思われていませんでしたが、北村騎手に乗り替わりをして快勝した直後に自殺したことで北村騎手が自殺に追いやったと言われています。

 

その後、北村騎手は怪我を理由に休養しますが、責任を感じて精神的に病んでいたとも噂されました。
後藤浩輝騎手の自殺を心から悲しんだことは確かで、責任感の強い性格が必要以上に追い込んだ可能性もあります。

 

しかし、当サイトの見解としては多少のトラブルはあったかもしれないですが、北村騎手の性格からして、犬猿の仲になるトラブルではなかったと分析しています。後藤浩輝騎手は怪我の影響でナーバスになっていて、必要以上に深く考えこんでしまったのでしょう。